涙袋を作る整形

目と注射器

時代の移り変わりとともに、女性のなりたい顔も変化が見られます。最近の特徴として、若い女性の間では涙袋がある顔が可愛いと人気があります。涙袋とは、目の下にある膨らんでいる箇所のことです。この涙袋が有るだけで、ベビーフェイスで可愛らしくなると評判です。そのため、東京都の心斎橋のクリニックには涙袋形成をする女性が多くいます。涙袋を作る施術で簡単なのが、ヒアルロン酸注入です。これは、目の下に注射でヒアルロン酸を入れて涙袋を作る施術です。注入する際は、自分で涙袋の状態を鏡で確認できます。なので、自分の希望の大きさや太さに涙袋を調節できます。心斎橋のクリニックでは、注射の前に麻酔クリームを塗布してくれます。麻酔の効果は高く、針を刺しても気づかない方が多いです。なので、敏感肌の方でも気軽に受けられます。

心斎橋のクリニックでは、涙袋を作るためにヒアルロン酸注入を受ける方が増えつつあります。注射一本で簡単に涙袋を作ることができるので、非常に便利な施術です。しかし、心斎橋でのヒアルロン酸注入後は、術後の過ごし方が重要になります。たとえば、熱い湯に入ったり、激しい運動などは厳禁です。その理由は、体の血行を促すので、患部に腫れ、痛み、赤みが生じるリスクがあるからです。それと、激しい運動をすると、目の下に強い衝撃が加わるリスクもあります。すると、注入したヒアルロン酸が他の場所に移動して、効果がなくなります。同じ理由で、洗顔時に患部を強く擦ったり、必要以上に触ることも避けた方が良いです。それと、就寝時には患部にダメージを与えないように、仰向けに寝る必要があります。