プラセンタの美容効果

唇と注射器

プラセンタは胎盤という意味で、ここから抽出されたエキスがアンチエイジング効果が期待できると言われ、美容クリニックでプラセンタ注射が行われています。プラセンタ注射ににより新陳代謝が改善し、シミやしわ、美白効果が得られます。

View Detail

クリニックで美しくなる

女医

美容外科で脂肪吸引を行う際は切開だとかなりリスクがあります。しかし溶解注射をすると切開せずに安全に脂肪除去できるのです。大阪のクリニックではセルリバイブジータを利用でき、こちらは肌を再生し深いしわなどを取り除けます。

View Detail

涙袋を作る整形

目と注射器

心斎橋の美容クリニックでは、ヒアルロン酸注入で涙袋を形成する事が人気を呼んできます。目の下にヒアルロン酸を入れる事で、自分の希望の太さ、大きさに涙袋を仕上げることができます。注射を打つ際は麻酔クリームを塗布するので、痛みはないです。

View Detail

若々しく見せるための治療

女性

ほうれい線や表情ジワ

シワは年をとることで生じますが、乾燥によっても生じることがあります。そして高齢化と地球温暖化とが進んでいる現在では、加齢によるシワや乾燥によるシワに悩む人が、急増しています。そのため、美容外科での注射によるシワの除去の人気は、高まってきています。具体的には、ヒアルロン酸を注入することで、シワを埋めるという注射です。これにより、ほうれい線のような大きく深いシワでも、目立たなくなります。また、眉間や目元などに生じる表情ジワの除去には、ボトックス注射がおこなわれています。これにより表情筋が弛緩すれば、顔をしかめたり目を細めたりしても、表情ジワが生じにくくなるのです。高齢化や温暖化が続く以上、どちらの注射の需要も高まっていくと考えられています。

継続的な施術のメリット

ヒアルロン酸注射にしてもボトックス注射にしても、基本的には効果が持続するのは6ヶ月程度となっています。なぜなら、注射液自体が体内に吸収されたり、体外に排出されたりすることで、その場所から失われていくからです。そのため放置しておくと、ほうれい線や表情ジワが再び目立つようになってきます。しかし逆に言えば、放置せずに6ヶ月おきに追加で注入すれば、効果が持続するということです。しかもヒアルロン酸注射の場合、保湿効果があることから、継続的な施術で肌が潤っていき、乾燥によるシワが生じにくくなっていきます。またボトックス注射の場合は、続けているうちに表情筋が弛緩した状態で安定するようになり、表情ジワ自体がなくなっていくのです。